アーム不動産サービス HOME > アパート・マンション選びのポイント

富山大学 五福 アパート マンション アーム興産

アパート・マンション選びのポイント

アーム不動産サービスがお奨めする物件は単に通学が便利と言うだけではなく、五福キャンパス・銀行・郵便局・ショッピングセンター・コンビニまでそれぞれ徒歩5分行ける圏内にあること。
買い物などの利便性をはじめ女性でも安心できる夜間の照明等の安全性などすべてを含めた「生活機能」「住環境重視型キャンパスライフ」が提案できるある程度の設備を持つ物件をお奨め物件としています。
納得ができるアパートやマンション選びが出来るように是非、ご参考下さい。

まず住もうとするエリア・場所を選定します。

富山大学 五福キャンパスを中心として自分が住みたいと思うエリアを選定します。
アーム不動産サービスではコンビニ・スーパー・銀行・郵便局などが近くにある富山大学の正門周辺をおすすめしています。

4年間住み続けられる納得できる設備、部屋の広さを決めます。

卒業までの間にもし転居すれば、敷金・礼金・引越費用・仲介料を2回払うことになります。
つまりそれは、かかった総額を48ヶ月で割ると最初から高めの部屋に住んでいたのと同等かそれ以上となる場合があるということです。
設備の不適切な選択により引越をしないよう自分が納得できる設備を決めること。
一人暮らしをすると意外に荷物が増えるので少し広めの部屋を選ぶことが大切です。

希望の条件と家賃相場からみてどのアパートを実際に見るかを決める。

自分が住もうと思っている場所で、絶対ほしいと思う設備を持つ部屋だと敷金・礼金、家賃がいくらぐらいなのかの相場を調べます。
その中で相場よりかなり低めの価格設定の物件があれば、何らかの理由があり、それをカバーするための価格設定と考えるのが妥当です。
売り手である大家さんも商売ですので、自分の物件は一般の相場かそれ以上で選んでもらいたいと思っているのが普通です。
また、不動産は量産品とは違い、価格と品質が正比例せずバラツキが多く、同じものは無いという特徴も合わせて考えると、 価格から選ぶという方法ではなく、場所→設備→相場観→見る物件を選定するという方法が良いと思います。

物件を見るときには、日当たりや設備だけでなく周辺を自分の足で歩く。

物件を見るときには、日当たりや部屋の設備の確認だけではなく、自分の足で歩いてみることにより、その物件と各施設(キャンパス、コンビニ、スーパー、金融機関等)までの 夜道の状態や冬に雪が降った道路状態などを想像します。
そして価格と写真や資料では分からないこれらの条件とのバランスを鑑み、最終決定をします。

物件をいくつか内見すると、同じような地域+同等設備条件+同等価格帯のワンルームであれば、部屋の中身はよく似ており、大きな違いは言葉では表現しにくい雰囲気や管理状態等であることが分かってきます。
学年の変わり目で引越を経験する在校生はこのあたりが自然と身についていますが、新入生にとっては難しいことです。
多くの部屋を内見し、その経験を身につけることも大切ですが、前期合格発表後には1時間単位で良いと思われる部屋が順次無くなってゆくという状況も無視できません。

Googleマップ等を活用して情報を集める

現地に行き物件を確認することは大事ですが、遠方だと、すぐに行くことが難しい場合もあります。
そんな時役立つのが、Googleマップ
です。

当社ホームページに掲載しているアパート周辺とGoogleマップは、下記方法にて連携します。
@各アパートのページに行く
Aページ最後の方に地図があり、その地図の下に「Googleマップで周辺地図を見る」という文字があるので、その文字をクリックする
BGoogleマップに切り替わります。
Cアパートの位置とほんの少し違う場所がポイントされるときがあります。そのまま地図を拡大すると、違った場所でストリートビューになるときがあるので、アパート名が表示される適度な地図の拡大を行い、位置の微調整を行ってから、ストリートビューまで展開して下さい。
D地図だけでなく航空写真で見るのも良いです。航空写真に切り替える方法は、機種やOSの種類によって違いますが、一般的には下記方法で切り替えます。
(1)スマホなら右上にあるひし形が重なったような図形をクリックすると地形の種類が出てきて、デフォルト、航空写真、地形と言った種類で切り替えられるようになっています。
(2)パソコンなら地図左下にある航空写真と書かれた四角の箱をクリックします。また、航空写真切り替え後、右下に出てくる3Dという文字をクリックする3D表示となり、日当たり等が何となく分かります。3D航空写真はかなり見やすいので、スマホだけでなく是非パソコンでチェックしてみて下さい。
E地図・平面航空写真・3D航空写真・ストリートビューそして当社ホームページの各アパートのページの上の方にある「物件の写真をもっと見る」をクリックすると出てくる多くの写真の最後の方にある360度の建物外観等を見て、状況を把握します。

以上を行う事で、現地に来る前に、内見予定物件を絞り込みます。

内見予定物件を絞り込む一番の理由は、疲れて、15時頃に見た物件でいいや、という状況に陥らないためです。(疲れてないときならば、正常な判断が出来るのでしょうか、疲れるとそのあたりの正常な判断も鈍るようです)
尚、ホームページ上で、空室無しとなっていても、前期合格発表日になると空室が出る場合もあります。
前期合格発表日から4日間ぐらいの間の空室確認は、ホームページでの確認より、電話で問い合わせた方が確実
です。

前期合格発表日の翌日から最初の土日が経過するまでの間は、沢山内見し物件を決めることはあまりお薦めしませんが、どうしても、沢山見てから決めたいと考えている方へのアドバイスは下記の通りとなります。
@数人で内見すること。理想は、本人を含み3人以上で内見することです。
A内見数が3つ目に達したときは、一つをあきらめ、これかこれに絞ること。こうすることで、沢山内見しても常に選択肢は2つとなります。
B最後に(15時頃になったら)、各自のNo.1、No.2を出し、全員の投票数から物件に順位をつけ、意見交換を行い決定する。一般的には、得票数が一番多い物件と次点物件の2択から最終選択すれば良いと思います。(だだし、その時点でも、希望した物件に空き部屋が残っているという前提条件がつきます)

動画一覧を見る

アパート・マンション

アーム不動産サービス

Valid XHTML 1.0 Transitional 正当なCSSです!